ブログトップ

ねびまさる日々。(日常愛)

kotousagi.exblog.jp

蛍ブクロ。

f0228030_11272160.jpg

青色お花がたくさん咲く梅雨。
蛍ブクロもふっかりと開いています。
少年の丘の植物先生に、
中に蛍を入れて
ほのあかりを楽しむ花だから
蛍ブクロだと教えてもらったのは
何時のことだったろう。

穏やかな声で
まだ少女だった娘を呼ぶ声。
大丈夫だよ、と
背中を押してくれた人。
貴方の娘は
とても優しい女性に育ちましたよ、と
次に会えたら伝えましょう。

 ネコサン、と呼ばれたワタクシは
いまやうさぎの乳母なんです、と知ったら
なんて笑うだろうか。

蛍ブクロは
まるで季節のレクイエム。
丘には今も
桑の実が熟れているだろうか。
[PR]
by kotokotousagi | 2011-05-27 11:27 | C。の日常。 | Comments(2)
Commented by wooo at 2011-05-28 00:08 x
ホタルブクロ、うちでも植えてみたけど、
育ちませんでした。
お友達のうちでは、地下茎で、
繁殖してものすごく増えたらしいです。

矢車草、可愛いね。
ニゲラもあるんですね。
Commented by C。 at 2011-05-28 08:14 x
woooさま。
ホタルブクロ、ふくらむ(咲く)とすごく場所を取ります!
切り花で正解かも〜。
ニゲラはね、花びらが落ちた後の
前衛的なフォルムまで好きです!
お庭があるって、うらやましぃ
<< 陽射し。 いやはや、もうしわけない。 >>