ブログトップ

ねびまさる日々。(日常愛)

kotousagi.exblog.jp

火事がありました1

 住んでいるマンションで 今週の火曜日3月5日、
火事が起こりました。
死傷者が出たほどの 大事でした。

ブログに何度も書こうと思ったのですが
FBの短い文章は書けても
ブログの文章は書きかけては止めて、を
繰り返しました。
やっと今夜、書ける気がします。
はじめにお伝えしますのは
私や家族は無事だということです。

 朝の出火でした。
ダーリンを送って6階の通路に出たら 火災報知器の音。
よくある誤作動かと思ったら
ダーリンがマンション玄関脇から 「7」の数字を示したので
右上を見上げたら 黒煙。
急ぎ着替えて バイトへの出勤準備をして
デジカメを握りしめて 火元と同じ階の母親の元へ。

うちのマンションは エレベーターをはさんで
A棟とB棟が「へ」文字のかたちにつながっています。
出火はA棟の7階、母はB棟の7階です。
私が見上げた玄関側からは黒煙でしたが
母の部屋から見たベランダ(へ文字の内角側)は
猛烈な火の手が上がっていました。
f0228030_2165212.jpg


黒煙を見てわずか5分ほどしか経っていないのに
ガラスが割れて 炎はベランダを巻き込み
隣家のベランダへも流れています。
煙は上階のベランダを覆っています。
申し訳なかったのですが、デジタルカメラのムービーで撮影しました。
もはや素人ではなんの手助けもできない状況だったからです。

母の部屋を出たところで
着の身着のままの若い男女と会いました。
「すみません、すみません」というので
「あなたの所なの?大丈夫なの?」と聞くと
「母がまだ中にいて酔っ払っているので逃げられないと思う」と。
消防や警察には伝えたというので、
二人から離れて 防寒着を取りに部屋へ戻りました。
ダウンコートとフリースのジャケットを
二人に着てもらって 出勤へ。

出勤途中に 古巣の局へ映像データを渡しました。
映像は全国ネットでも流れたようです。
取り残された方は 不幸にもお亡くなりになりました。
話をした娘さんも 気丈にしていましたが
やはり煙を吸い込んでいて 病院へ搬送されたようです。

ここまでが、朝の様子です。
実はこの後 いろいろなことが起きます。
記録の意味もあって 追っかけ再生のような形で
文章にとどめていきたいと思います。

次回は 出火当日の夜を迎えるにあたって、です。

このマンションには 私たち夫婦と
それぞれの母親が住んでいます。
私たちは火が出たA棟側、母たちはB棟の1階と7階です。
私たちの居室への直接の被害はなく
暖かな部屋にいますので どうぞご心配なきように。
[PR]
by kotokotousagi | 2013-03-07 21:32 | 朝の風景 | Comments(0)
<< 火事がありました2 ようこそ、メジロちゃん。 >>