ブログトップ

ねびまさる日々。(日常愛)

kotousagi.exblog.jp

備前平野に春が来た、かも。

f0228030_163172.jpg

全国的には 春を呼ぶ行事といえば
奈良のお水取り、ですが
当地では 西大寺観音院の「はだか祭り(西大寺会陽)」です。

はだかの男の群れが2本の宝木(しんぎ)を奪い合う奇祭は
500年ほど続く行事で
これが終われば 備前平野に春が来ると言われます。

f0228030_1692477.jpg

今日は会陽のあと祭り。
大勢の人出で賑わっておりました。
風はありましたが 凍てつくような冷たさではなく
どこか おおらかなやわらかさが入っていました。

f0228030_1612771.jpg

どこの国の音楽かわからないような
太鼓や踊りが境内に響くのは そういう時代なのでしょうかね。

f0228030_16132517.jpg

ポニーなんかもいたりして
しかも 知り合いが連れていたりなんかして
あと祭り、けっこう楽しめたのであります。
[PR]
by kotokotousagi | 2014-02-16 16:14 | C。の日常。 | Comments(0)
<< 見つからない。 雪降る日。 >>