ブログトップ

ねびまさる日々。(日常愛)

kotousagi.exblog.jp

<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

うっちゃんが笑っている。

f0228030_13375482.jpg

まるでうっちゃんが笑っているようです。
[PR]
by kotokotousagi | 2012-12-27 13:39 | おうちギャラリー | Comments(5)

早いなぁ。

f0228030_956987.jpg

 今年も一年がお仕舞いに近づいています。
早いなぁ。
本当にあっという間。
私の手は 誰かの為に働いたのだろうか。
この頭は 自分の事ばかりを考えて来なかっただろうか。
毎年、毎度 反省をしては
よし、今から!と思い直す繰り返し。

 写真のアレンジはまさに今年を象徴するものです。
花材の全てが
我が家のベランダで寛いでいる
愛しい子たち。
お花を下さった方々の優しさを思い
暑さ寒さを力にして根を張る強さを思い
水を汲み置いてくれる心遣いに感謝し
きれいだね、と喜ぶ笑顔に励まされ。

一人ではなに一つ出来ることがないのだと
あらためてありがたく思う次第。

寒さが厳しくなるようです。
ご自愛を、一層に。
[PR]
by kotokotousagi | 2012-12-23 09:56 | C。の日常。 | Comments(4)

クアトロフロマッジ。

f0228030_12415523.jpg

 火曜日の晩ごはんは
イタリアンになりました。
和そばを目指して出掛けましたが
一軒目は貸し切り。
二軒めはPに空きなし。
で、イタリアン。

写真はクアトロフロマッジを焼いているところ。
窯の温度は450℃にもなるから
店内は暖房要らず。
夏場はそのぶん大変そうですがね。

 これをアップしているのは
水曜日の昼ごはん時。
まったり補食していたら
相席を頼まれました。
若い二人連れはカップルではないらしく
座るやいなや恋愛相談がスタートしました。

 わたし、鈍いでしょ〜
から始まった内容が
寒がっていたら彼が手袋を貸してくれた。
でも右手だったの。
それってどう?
やっぱりダメなんかなぁ。
終わりなんかなぁ〜…

 
 幸いこの時点で一人掛け席が空いたので移動。
後の話は知らねども。
たかが手袋の右左で
別れるのうまくいくだの決めるんかい。
このひと下りでアレコレ言うワタクシも
大概アホですがね(笑)

 そんなに繊細な若さを持ち得なかったせいか
オトコゴコロもオンナゴコロも解らない
中年になってしまった。

ま、美味しいものを嗅ぎ付ける大人には
確かになれましたけれどね!
[PR]
by kotokotousagi | 2012-12-12 12:41 | Comments(10)

いつもの反省。

f0228030_1725928.jpg

 ちゃっちゃと修理しておけば良かったのに
なぜか延び延びになっている、って事 ありますよね。
今日は一つ、始末を付けました。
自転車の切り替えが上手く出来なくなって はや数ヶ月。
三段切り替えの 2.5段くらいのところで止まっていて
坂道がことのほかしんどかった訳です。
それでも無駄にがんばっていたのですが
本日、前タイヤの不調が重なって やっと修理へ。

 さて、いきなり質問です。
皆様はいつもバッグを持ち歩く派でしょうか?
何を聞いとんじゃ? と思われるに違いありません。
おんなのたしなみを度外視した質問なので。
でもワタクシ、お財布、携帯、ハンカチが収納できるポケットがある場合
バッグは持ち歩きません。
ティッシュはないのか?
ありません。
ハンカチを使います。 
イギリス人ですから。
うそ。

で、それが自転車修理とつながるのか?というと
つながるのです。
予備のお金の存在です。
バッグには困った時のお金が 些少なりともプールしてあって
自転車程度の修理であれば 胸を張ってお願いできる。
日本一安い自転車屋さんだったら 1台購入だって出来るのです。
でも、今日はない訳で、
修理しないと帰れないのです。

恥を忍んで修理代をうかがったところ
ーーーーー、足りました。
しかも、待ち時間に マチスタコーヒー
ホットドッグとコーヒーをいただける幸運を残して。

 美味しくお腹を満たせた上に
想像以上に軽快なペダルさばき。
さっさと直しておけば良かった、といつもの反省をしながら
ギャラリー2カ所と 天プラの絵画展1カ所を巡ったのでありました。
[PR]
by kotokotousagi | 2012-12-07 17:25 | C。の日常。 | Comments(8)

しましまに出会う一日。

f0228030_17285931.jpg

今年も稲を実らせた田んぼが
冬の景色になっています。
いろんな色のしましまは
ミッソーニのニットのような豊穣な大地の色重ねです。

f0228030_172944.jpg

こちらは牛窓の海水浴場です。
冬の海、鈍色でないのは日射しの力。
小さな波紋のしましまが穏やかな内海ならでは。

f0228030_17292019.jpg

うちから眺める夕景。
沈みゆく太陽の反射を受けた雲が美味しそうな色。

 と、眼福をいただきながら ぶつぶつ思うのもなんですが、
年々身勝手さを増してゆく母親に 残念満載なワタクシです。
なんか、もう、怒る事にさえ飽きて来たこの頃です(笑)
[PR]
by kotokotousagi | 2012-12-01 17:38 | まっ赤なあの子と。 | Comments(2)