ブログトップ

ごきげんな毎日。2

kotousagi.exblog.jp

水恋し。

立ち上がる
f0228030_09272248.jpg
いのちのふしぎ

山から剪ってきたブラックミント
定植のタイミングを計りながら数日。
暑さが緩んだ朝を見つけて3本
プランターにはたっぷりの水を遣り。

1本はがんばれた気配。
2本のうち1本は
茎の途中から立ち上がった新芽がなんとか。
あとの一本にはひたすらエールを。

しかし酷暑。
いつから、高温は30度ではなく
40度と刷り込まれましたのでしょう。
むしろ普通の30度。

ミントが、くったりした夕べから
明日には立ち上がっている姿を見ると
希望を見たような気になります。


[PR]
# by kotokotousagi | 2018-07-25 09:52 | C。の日常。 | Comments(0)

緑のちから。

緑が嬉しい。
f0228030_09592490.jpg
泥ばかり見ていたから。

 被災地の応援へ行った友から書き込み。
これは、堪えた。


[PR]
# by kotokotousagi | 2018-07-16 10:08 | C。の日常。 | Comments(0)

降り続いた雨は。

呆然と。
f0228030_14553098.jpg
三日、雨は降り続けて。

 どこの国のことだろう。
まぎれもなく私の国。
生まれ育ったふるさとのとなり町。

「一財産なくす覚悟をした」とメッセージ。
町は一財産無くした人ばかり。
強い陽差しは、真夏の気温になることを意味する。

被害はこの町だけではない。
だけではないが、どこまで広がっていっても
目の前のだれかが泣いていないか
困っていないか、ということが気に掛かる。

大所高所から見渡せぬならば
一緒に土を運べばよいものを
それも出来ずにこうしてキーを叩いている。

雨が上がって 今年の蟬が鳴き出した。
くぐもったように低いところで。


[PR]
# by kotokotousagi | 2018-07-09 15:15 | C。の日常。 | Comments(0)

雨、強し。

真っ白になったわ。
f0228030_11281572.jpg
雨粒のぶつかる音がする。

 不意に視界から街が消えて
覆い被さるように音がして
湿気をたっぷり含んだ風が吹き込んだ。

スコール。
この国は熱帯雨林ではないけれど
滞った季節を推し進めるために
時々強い雨が降る。

このままじゃいけない
ステッパーを再開し
二の腕あたりをねじ上げて
夏へ夏へと駒を進める。

だらりとした現実は
日に当たっていない肌のゆるみをみせる。
光合成。
光合成、なのか?

[PR]
# by kotokotousagi | 2018-06-30 11:47 | C。の日常。 | Comments(0)

ゼロになる。

大失敗。
f0228030_15105894.jpg
19→0

 昨年の冬から飼い始めたメダカ。
めーちゃんず、19匹。
やっと飼育が安定してきたなぁ、と思った矢先。

水換え用の日向水を作っていた予備水槽。
そこからめーちゃんに水を汲み足して
気がついたときには

メダカガスベテウエヲムイテイマシタ

水槽の苔を除去するために漂白剤を入れていたらしい。
完全に忘れていた。
大量殺戮。
ごめんなさい。

ほんとうに、もう、思いもよらない失敗をしてしまう。
年のせい、だけでは済まない失敗に 凹んでいます。

[PR]
# by kotokotousagi | 2018-06-21 15:38 | C。の日常。 | Comments(0)