ブログトップ

ごきげんな毎日。2

kotousagi.exblog.jp

カテゴリ:C。の日常。( 383 )

風邪でした。

一年前も。
f0228030_11231220.jpg
一年前も、風邪でした。

吟行の日の天気が良すぎて気を抜いて
3時間も回遊したのが響いたようです。
咽の痛みから始まり一連の風邪症状を発現。
変えられない用事以外は寝ておりました。

辛い症状の改善について収穫がありました。
鼻詰まりは鼻柱にアイスノンを置くことで
炎症を起こしている粘膜の膨張を抑えて
息の通りが良くなりました。

咳き込みは足裏と胸に
ビックスヴェポラップを塗ることでかなり楽に。
粘性の鼻水や痰を出すために
生理食塩水で鼻洗い。

ビックスヴェポラップと生理食塩水の活用は
やっていましたが 土曜発症→水曜かなり改善
治りも予後も悪くないです。
そして昨日、リマインダーが告げました。
一年前も風邪だったようです。

みなさまもお大事に。

[PR]
by kotokotousagi | 2018-10-25 13:04 | C。の日常。 | Comments(0)

生活する。

あきらめる。
f0228030_08455541.jpg
明るいほうの、あきらめる。

 明るい方へ。
でも、暗い方でもいいじゃないか。
人の中へ。
人が居なくてもいいじゃないか。

生を明らめ 死を明らむるは 佛家一大事の因縁なり
伯父がうら若き私に教えてくれて
伯父の年を越えてやっと
こんな事考えていたのか、と伯父の端っこに辿り着く。

肚でわかることは大事だなぁ。
感情のフィルターを取り払って見よう。


[PR]
by kotokotousagi | 2018-09-10 09:05 | C。の日常。 | Comments(0)

箱管理。

箱管理。
f0228030_08220618.jpg
わからなくなる理由、それは箱だから。

一人暮らしの母のテーブルは広い。
わが家より 広い。
けれど机上にものがあふれていた。
なぜだろう。

カーテンを新調したいと言うリクエストに合わせて
机上と床を集中してリフレッシュすることにした。
切り抜き、明細書、筆記用具、輪ゴム、ナイロン袋、メモ帳
これらがセットで箱に入っている。いくつも。

箱を解体し
明細書などは該当年を記した封筒へ。
筆記用具は文具箱へ。
薬は薬箱へ、切り抜きは専用の場所を設けた。

平面の出現。
めでたい。
箱管理の難しさに母も気がついてくれた。
維持できるか。してください。

[PR]
by kotokotousagi | 2018-08-27 09:04 | C。の日常。 | Comments(0)

さて、本日は晴天であるのか。

雨、降る?
f0228030_13322567.jpg
早朝すぎて、判定不能。

 出張で前入りします(夫)。
出発時刻を勝手に夕方の6時と思っていたら
朝の6時である事が判明。
確認してよかった。

 台風が来ている。2つも。
画像は今朝、彼を会社へ送るときに見た空。
降るんだか吹くんだか判らないけれど
荒れそうな予感は漂う。

 このところ母の終活に付き添うてあちこち。
肩の荷を少し軽くしてあげたいが、
頼られることもまた、母の生きがい。
さじ加減は難しい。

 平成最後の夏は当地へ甚大な豪雨被害をもたらした。
警鐘はあったはずなのに「まさか」が蓋をしたのだろう。
想定できることは起こらない。
生きてゆくなら、肝に銘じておかねばならない。
 

[PR]
by kotokotousagi | 2018-08-21 13:56 | C。の日常。 | Comments(0)

水恋し。

立ち上がる
f0228030_09272248.jpg
いのちのふしぎ

山から剪ってきたブラックミント
定植のタイミングを計りながら数日。
暑さが緩んだ朝を見つけて3本
プランターにはたっぷりの水を遣り。

1本はがんばれた気配。
2本のうち1本は
茎の途中から立ち上がった新芽がなんとか。
あとの一本にはひたすらエールを。

しかし酷暑。
いつから、高温は30度ではなく
40度と刷り込まれましたのでしょう。
むしろ普通の30度。

ミントが、くったりした夕べから
明日には立ち上がっている姿を見ると
希望を見たような気になります。


[PR]
by kotokotousagi | 2018-07-25 09:52 | C。の日常。 | Comments(0)

緑のちから。

緑が嬉しい。
f0228030_09592490.jpg
泥ばかり見ていたから。

 被災地の応援へ行った友から書き込み。
これは、堪えた。


[PR]
by kotokotousagi | 2018-07-16 10:08 | C。の日常。 | Comments(0)

降り続いた雨は。

呆然と。
f0228030_14553098.jpg
三日、雨は降り続けて。

 どこの国のことだろう。
まぎれもなく私の国。
生まれ育ったふるさとのとなり町。

「一財産なくす覚悟をした」とメッセージ。
町は一財産無くした人ばかり。
強い陽差しは、真夏の気温になることを意味する。

被害はこの町だけではない。
だけではないが、どこまで広がっていっても
目の前のだれかが泣いていないか
困っていないか、ということが気に掛かる。

大所高所から見渡せぬならば
一緒に土を運べばよいものを
それも出来ずにこうしてキーを叩いている。

雨が上がって 今年の蟬が鳴き出した。
くぐもったように低いところで。


[PR]
by kotokotousagi | 2018-07-09 15:15 | C。の日常。 | Comments(0)

雨、強し。

真っ白になったわ。
f0228030_11281572.jpg
雨粒のぶつかる音がする。

 不意に視界から街が消えて
覆い被さるように音がして
湿気をたっぷり含んだ風が吹き込んだ。

スコール。
この国は熱帯雨林ではないけれど
滞った季節を推し進めるために
時々強い雨が降る。

このままじゃいけない
ステッパーを再開し
二の腕あたりをねじ上げて
夏へ夏へと駒を進める。

だらりとした現実は
日に当たっていない肌のゆるみをみせる。
光合成。
光合成、なのか?

[PR]
by kotokotousagi | 2018-06-30 11:47 | C。の日常。 | Comments(0)

ゼロになる。

大失敗。
f0228030_15105894.jpg
19→0

 昨年の冬から飼い始めたメダカ。
めーちゃんず、19匹。
やっと飼育が安定してきたなぁ、と思った矢先。

水換え用の日向水を作っていた予備水槽。
そこからめーちゃんに水を汲み足して
気がついたときには

メダカガスベテウエヲムイテイマシタ

水槽の苔を除去するために漂白剤を入れていたらしい。
完全に忘れていた。
大量殺戮。
ごめんなさい。

ほんとうに、もう、思いもよらない失敗をしてしまう。
年のせい、だけでは済まない失敗に 凹んでいます。

[PR]
by kotokotousagi | 2018-06-21 15:38 | C。の日常。 | Comments(0)

被写体。

モデルだもの。
f0228030_08243106.jpg
被写体として最高の時期だったわ。

 およそひと月の猫乳母生活が終了。
嫁ぎ先では、これでもかと言うほどに可愛がられ
激甘スパルタ方式で皿からごはんも開始した様子。

途絶えぬ見学者からは、みかじめ菓子を取り
まだ赤ちゃんだから疲れる、と早々に切り上げさせる
凄腕のナイトが暗躍しているそう。

猫ロスにもならず、欠損していた睡眠時間を取り戻すべく
ねるねるねるねる。
ワタシがネコになったようw

撮りためた写真を眺めては至福の時。
あぁもう、かわいいよ。
写真はお腹もすかせないし 爪も立てないし
出せーーーー と吠えないし
下の世話も必要ないし。

けれど。
ゴロゴロ言わないし
あったかくもないし
ペロペロもしてくれないし
一緒に眠ってもくれない。

あ、猫、ロス?


[PR]
by kotokotousagi | 2018-06-16 08:35 | C。の日常。 | Comments(0)